アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

狂四郎シリーズはじめます

 ソーガンが完成して、また通常のガンプラ作りに戻ったわけですが、新作キット製作と以前作ったものの再製作をおりまぜながらやっていきます。その中で、新しいプロジェクトとして「プラモ狂四郎ガンプラを再現していく」というテーマをはじめようと思いつきました。おおいに盛り上がったビルドファイターズの元祖ともいえるプラモ狂四郎です。その狂四郎が作ったガンプラを作っていくのです。すでに去年武者ガンダムスクラッチとかしたけど。

 さて、第一回はやはり第一話のGアーマーを作りたいと思います。そうです、あの「Gファイターにまたげるガンダム」です。




 付属のガンダムはパーツの構成上、股が開きません。四郎は股関節パーツを旧ザクなどから流用することによって開くように改造しています。
 なので、あむも同じように旧ザクのパーツをもってきました。
 しかし!

 そのままではパーツが合わないのですね。ダボを削ったり、穴を削ったりしてようやく使えるようになりました。代償として、旧ザクの股関節パーツをガンダムのものと交換なので、旧ザクのほうは股が開かないモデルになりそうです(また同じように加工が必要になりそうです)。
 それと、股関節パーツ交換をすると確かに股間が開くようになったのだけど、足首が斜めのままになってしまいます。なので、狂四郎では言及されていなかったけど、足首関節も加工します。ダボ穴を上下に広げます。足首ぐらぐらになっちゃったけど、これで股を開いて大地に立つことができました。
 1話のガンダムは、四郎がまだまだ未熟という設定らしく合わせ目が消えていない状態ですが、これは再現しなくていいだろうと思って、あむのガンダムは合わせ目消しをしたいと思います。旧キットは組み立てながら合わせ目消しをしていくので時間がかかります。
 現状です。
P1000103.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する