アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

ガンダムUCエピソード7についての

 エピソード7です。一回目観ただけではよくわからなかったことを、もう二回ほど観て、自分の中で納得できるところまで落とせたので、忘れないうちに書いておきます。
 難解な部分については、小説を読んでいたので受け止めるのにそれほど時間は要りませんでしたが、ビジュアルがついてこないというか、画面(あるいは登場人物のセリフ)の情報量が多すぎて追いつかなかったのですね。で、三回観たわけです。
 まず、シナンジュの最後はどうだったのかということです。小説では片眼の化物(生物的な?)という描写だったけどアニメでは3話でやっちゃってましたから、同じことはできなかったのでしょうね。それでネオ・ジオングなんていう物理的な化物になってしまってましたが、最後はユニコーンがとどめを差したかなあと思っていたら、あれって自滅という解釈でよかったんでしょうか。直前までチョップ(!)とかされてたけど、崩壊したのはそれが原因ではなくて、ニュータイプ論の旅(?表現が難しい)をしたためにマシーンがついてこられなかったといったところでしょうか。現実的に説明するとすれば、サイコシャードによる擬似サイコフィールドを乱発したせいでオーバーワーク(オーバーヒート?)で機械的耐久度を越えてしまった、といったところかな。
 次、最後のほうのリディの気になるセリフ。「生れたばかり」とは。これ、ビジュアルでは写っていないんですね。リディが実際に見たのか、バナージのことを想像したのか直感したのかわからないですが。バナージが赤ちゃんになったのか、それともニュータイプ(神的な?)として生れたばかりなのか。ビジュアルでは霊的な感じでカーディアスといるのは赤ちゃんではなく子供くらいのバナージのような感じですが。はっきりしないですよね。観た人の数だけ解釈も存在するってことでいいのかな。それこそ作品のテーマにも通じていそうなことですね。
 大きなところはこの二点でした。細かいこと、残っている疑問もありますが、まだ何度も観ることだろうし、これからいろいろな本で解説もされるでしょうから、そういったものが楽しみです。
 あー。いろいろプラモ作りたくなってきた。Zプラスとかシュツルム・ガルスとか、ギガンとか?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する