アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

ソーガン 工作追加

 ソーガンはスジボリをするために現在新しいタガネが届くのを待っている状況なのですが、時間があくと、あれもやりたいこれもやりたいと欲張ってしまっていけません。というわけで追加の工作を行いました。



 ガンダムMk-Ⅱはオプションバルカンがあるので頭部バルカンがないのですが、それを追加しようと思って、埋め込むための丁度いいモノを探していました。外径1ミリ以下のビーズとかですね。でも見付かりません。仕方なく1.5ミリのビーズを買ってきたのですが、やはり頭に付けようとすると大きすぎてダメそうでした。せっかく買ったのにもったいなくて、どこか他に使えないかなあと思案していたところ・・・いいことを思いつきました。そしてその思いつきはソーガンを根底から覆すいいアイデアになったのです。そのアイデアとはまだ秘密なのですが、ヒントは、そのビーズを背中のAGE-2ウイングに埋め込んでバーニアにしたということです。これによって、頭部バルカンがない理由もできて(ついでに言えばV字アンテナが大きい理由も)万々歳です。そのヒミツのアイデアというのは後で発表したいと思います。それにしてもビーズが小さくて扱いが大変でした(ひとつ行方不明です)。

 工作の続きです。フロントアーマーのMk-Ⅱ時代からのディティールを削っていて少し寂しかったのですが、プラ板でパネル表現と先程のビーズを埋め込んでサブスラスターとしました。
 シールド基部に甘めの丸モールドがあったので丸一モールドにしました。適当な直径のランナーを輪切りにして半分に割って貼り付けてます。
 カレトの追加ガードの内側に放熱フィン(いわゆるシイタケ)を追加しました。見ようと思わないと見えないところですが、一度シイタケというのをやってみたかったのです。

 工作の追加は以上です。タガネが届いたらスジボリ、そしてサフ吹きになります。そうそう。展示用の台座も用意しなければ、アクションベースになりそうですが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する