アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

緑地公園とGレコ祭り

 あむです。おとといですが、ゆきちゃんが仕事なので、子供たちをつれて緑地公園というところへ遊びにいきました。ゆうまんとれいちゃんが来てくれて、子供たちは元気いっぱい遊びました。
 池の鯉や亀やあひるにエサやりなんかして(ゆうまん撮影)



 れいちゃんとはポケモン談議に花を咲かせました。あむのバトルのライバルなのです。


 さて、ガンプラ部ですが。Gレコの積みプラをがしがし作っています。こないだのモンテーロの後に作ったのがこちら。

P1000355.jpg

 なんか戦隊ものみたいですねえ。
 G-アルケイン、宇宙用ジャハナム、エルフ・ブルック、マック・ナイフが完成しました。

 アルケインは劇中でとうとう実現しなかった変形もできます。ジャハナムはポジションはザクですが作ってみるとザク要素は少ないことがわかりました。エルフブルックとマックナイフは劇中の印象よりとても小さいことがわかります。とくにマックナイフはF91とかの小型MSじゃないかってくらい小さいです。小顔です。

 それとジャイオーンを製作中で本体までできました。残るは特徴的なビッグ・アーム・ユニットです。
 次はGレコ最後になりますね。最後のほうであむが好きだったラライヤの乗ったやつです。

スポンサーサイト



PageTop

モンテーロの圧力

 あむです。仕事関係の悩みごとがあって元気ないですが、ガンプラテンションは高いほうを維持できていて、なかなかいいペースで作っております。黙々と作っていると嫌なことを考えずに済むのですね。

 というわけでSD劉備ガンダムに続いてSDガンダムフォースのキャプテンガンダムも完成しました。写真の後ろのほうにいます。



 次に着手したのがGレコシリーズです。一年前に放送開始したときに作ったG‐セルフ以来ですが、近くのお店で叩き売りしていたのを買いあさって積みにしていました。それを順次作っていきます。番組登場順がいいかなあと思って、はじめはHG モンテーロを作りました。あの天才クリムのはじめのモビルスーツです。はじめの頃はすごく活躍していたけどいつのまにか使われなくなった。あとビームジャベリンが印象深いですよね。

 数が多いのをどんどん消化していきたいのでニッパで切り出し→パチ組み→最低限のマーカーでの部分塗装と墨入れ。という半分やっつけ的な簡単製作です。二日で完成しました。シンプルながら意外にもかっこいいです。
 次もGレコです。姫様の――。

PageTop

SDガンダム三国伝

 あむです。昨日はいっちゃんたちの運動会でした。例によって忙しすぎて携帯で写真を撮っていないですが。ずっと練習してきていたのを知っていたので、本番でいっしょけんめいやる姿を見て、旗体操とかかけっことか上手にできていて、親ばかではないですが、自分のことのように嬉しかったです。親としては、前夜の場所取りとか、ビデオカメラ撮りとか、(初めてのことばかりでノウハウがなくて)大変でした。玉入れに参加したけど筋肉痛にはならなかったです。ほ。


 さて、ガンプラ部です。何年か前にバンダイがオールガンダムプロジェクトとか謳ってHGで主要なガンダムを全部出しますぜ、というのをやっていて、F91とか嬉しかったのですが、最近は止まった感じがします。
 あむ的にはオールガンダムというからにはこれは外せない、と思ってまだ作っていなかったものを作ろう作ろうと思っていて、やっと手をつけることにしたのがこれです。



 SD三国伝の劉備ガンダム。作りかけのものはSDガンダムフォースのキャプテンガンダムです。どちらもSDですが、立派なTVシリーズの主役ガンダムです。これなしでオールガンダムとは言えませんよね。懐かしい?

 キャプテンのほうを先に作り始めたのだけど、300円ガンプラだけあってほとんど全身塗装が必要なのでした。それでまずは白や黄色を塗装したのだけど、乾燥の間に作りはじめた劉備ガンダムが先に完成してしまいました。
 レジェンドBBではないけど、それなりに動くし部分塗装してやると見栄えもいいです。ほぼガンダムマーカーでの部分塗装で済みました。ちょうど吉川三国志(長い小説です)を読んでいるところでちょっと感情移入できました。
 キャプテンのほうも塗装をしつつもささっと完成させたいと思います。

PageTop

コモンサーガ 四章4

 先週のことですが、アムベースにて小説コモンサーガの四章4をアップしました。一か月に一度ですからね、告知しないとやめたと思われちゃいますね。やめませんよ、完結するまでは。あと何年かかるかわからないけど。

 さて、四章4ですね。ロイドです。はじめはスズの噛ませ役のようなものに過ぎなかったのに、物語の中心人物になりそうな勢いです。(実際章が進むとそうなっています)不思議ですよね。一度負けた人物って好きなんでしょうね、作者が。
 というわけでロイド視点からのウルル攻防戦です。まだ緒戦ですが、これから戦いは本格化します。次回をお楽しみに。

 下書きのほうも十一章を書き進めています。ある人物が戦時行方不明になって気付いたら知らない場所にいた、というお話です。詳しいことがかけなくて申し訳ないですが。人物の名前とかを書くと先がわかってしまうというジレンマがあるのです。でも、がんばって書いていますからね。完結までがんばります。

PageTop

バルバトス完成

 あむです。積みプラが減らないのはなぜでしょうか。それは作ったそばから新しいガンプラを衝動買いするから~

 というわけで、HGガンダムバルバトス完成しました。装甲など機体の状態によって第何形態というらしいですが、写真は初回登場時の状態の第一形態です。



 今までのガンダム以上に細身です。特にくびれが。今後どのように変化していくのか楽しみではあります。
 これに肩装甲追加、左手の形状変更(右手と同じになる)されたものが第四形態といったメインビジュアル形態で、ガンプラでも再現できます。図鑑のほうには第四形態の写真を載せるつもりです。


 先週のことだけど、鉄血のオルフェンズ、はじまりましたね。まだなにがなんだかわからないけど、あのパイロットシステムはちょっと気味悪いです。それにしても武器がメイスって。今までにない感じ満載でいい感じです。次回が楽しみです。あのお嬢様?が今後どのように変化していくのか(世間ずれしていくのか)ちょっと注目しています。

PageTop

鉄の馬と土埃と血の汗



 あむです。ジ・オリジンに登場したガンタンク初期型、完成しました。大きいです。ごついです。ミリタリーっぽいというんですかねえ、いい感じです。これでオリジンⅠでシャアの機体が揃いました(ガンタンクはシャアの機体と言っていいかどうかわからんけど)。


 さて、今日は新作 ガンダム鉄血のオルフェンズの初回です。どういう物語になるのか楽しみです。それで昨日発売の主役ガンダムバルバトスのHGを買ってきたので、作り始めました。

P1000344.jpg

 1/144ではめずらしく内部フレームがひとそろいしていてそれに外装を付けていく感じです。これがガンダムフレームというもので物語の設定にもなっているものです。それをプラモでよく表現しているなと思いました。
 HGではおなじみの部分塗装は多いですが、ちょっとずつ作っていきます。主役機を作ると感情移入の度合いが違いますからね。

 手前にはガチャガチャの一般作業用ザクが。昔のSDガンダムのイラストを立体化するとかいうシリーズです。なつかしいなあ。

PageTop