アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

オペレーション・メテオ

 あむです。ガンプラ再製作はシェンロンとサンドロックを作りました。部分塗装だけですが、当時のガンプラは色分けが厳しく、結構めんどくさかったです。
 当時はそんなに好きではなかった2機ですが、今ていねいに作ってみると、味わい深いデザインだなあと印象を更新したところです。特にサンドロックね。肩のところを見て、いっちゃんなんかは羽飾りみたいと言っています。そう見えるかーと思ったりして。



 後ろには超戦士ガンダム野郎(ハイパーせんしガンダムボーイ)の新装版2巻。ガンクロとか元祖SDとか懐かしいなー。この2巻辺りで中学生になってボンボンを読まなくなったので、この先は未知なのです。面白く読んでいます。全六巻が発売されるまで半年もあるけど、毎月の楽しみです。


 実はシェンロンとサンドロックの前に1/1200サラミスを作りました。ジム3機ボール3機もがんばりました。今は1/2400グワジンを作っていたりします。艦艇いいですね。ハズレがない。

スポンサーサイト



PageTop

ガウを木馬にぶつけてやる

 あむです。ガルマじゃないです。ガンプラ再製作で、1/1200ガウを作っていました。あまりにも簡単にできてしまったので、ついでに1/1200ホワイトベースも作ってしまいました。写真写真。



 わお!いっちゃんにガウをもっていかれ、木馬には謎の巨人の手が!

 うそです。そうくんです。

 並んで置いてわかったのは、ガウってすごく小さいなあってことです。こんなんで特攻してもホワイトベース沈めるのはどうかと思うほどです。形はいい出来ですけどね。どちらも。
 両方とも思っていたよりすんなり作れたのですが、本体よりむしろ大変だったのが、付属のモビルスーツ群です。こちら↓

P1000223.jpg

 ホワイトベース付属のガンダム、ガンキャノン、ガンタンク、ガンペリーとガウ付属のザク2機(ひとつはツノを作ってシャアザクに)、ズゴック、ドップです(ズゴック1機とドップ1機は今回省略)。1センチくらいのものに色塗りは大変すぎでした。でも、楽しかったですけどね。
 無性にガルマ散るを見たくなった。

PageTop

リアルタイプ・ゲルググ

 あむです。1/100シャアザクとリアルタイプ・ゲルググが完成しました。そろってぱちり。



 ゲルググのデカール貼りが大変でした。三時間くらいかかったかな? この後、デカールの定着を図るためにつや消しトップコートしますが。
 旧キットでも1/100は丁寧に作ると、ぶかっこうだけど、かっこよくなりますよね(表現に矛盾が……)。
 再製作もいよいよ残りわずか。次は、なに作ろうかなあ。ガルマのあれか?


ビルドトライの話。フミちゃん大活躍でしたね。スターウイニングがリアルモードに!おお、J-CROWさんの言ってたとおりになったと思いましたよ。爆発エフェクトにきらきら星みたいなものがあるのもいい感じでした。今後も活躍に期待しています。

PageTop

サンリオとシャアザク

 あむです。多摩の妹家族のところにお泊り会に行ってきました。いっちゃんもそうくんも従姉妹ふたりといっしょに力の限り遊んでいました。次の日には近くのサンリオピューロランドに行ってきました。女の子のいっちゃんはキティちゃんに会えたりショーやパレードを見て大はしゃぎ。そうくんもまあまあ楽しんでいました。携帯での写真はこの一枚だけです。キティちゃんふわふわのすべり台。



 帰ってから眠かったし疲れていたけど、がんばってガンプラ部です。昨日さぼったからね。1/100シャアザクを進めました。小学校低学年のときに高学年のたけちゃんという友達がいて、その人が1/100シャアザクを作ったのを見て憧れた思い出があります。シルバー下地にスプレーだか筆だかで全塗装して、ヤスリでハゲチョロを再現してあって、デパートのおもちゃ売り場のコンテストで入賞だか金賞をもらったとか。思い出が美化されているかもしれないけどすごいガンプラだっという記憶があります。あむにとってシャアザクとはそういう特別なガンプラです。今回の再製作のシャアザクは合わせ目消しをしたくらいですけど。
 同級生のまあちゃんという友達といっしょに弟子入りみたいにしてガンプラ作りを教わったなーとか、思い出に浸りながら作っています。

P1000220.jpg

 ツノがないからF型時代? 後ろにはシャア専用ムサイと乾燥中のザク・バズーカが。

PageTop

ガンプラはつづくよどこまでも

 あむです。ガンプラ旧キットをほぼ毎日作っています。メカニックガンダムの次はこれを作っていました。



 ガンダム試作2号機です。色塗りが大変でした。盾の成型色は黒ですよ!
 次に1/100のシャアザクとリアルタイプ・ゲルググを並行して作っています。こちらはゲルググ。

P1000217.jpg

 ブモー。ぶたっぱなはピンバイスで穴を開けて再現しました(説明書にもそうしたほうがいいと書いてあったりします)。接着→合わせ目消し→塗装→次のパーツを接着。というやり方なので時間がかかります。箱と説明書にはMS-11とあります。14じゃないの! リアルタイプのアイデンティティでもある付属デカールにもしっかりとMS-11とあります。どうしよう。
 乾燥待ちの間に作りはじめたのがこれ。

P1000218.jpg

 そして作り終えてしまいました。二日間です。シャア専用ムサイ。とっても再現性の高い良いキットだと思います。
 まだまだ作ります。次はガウかホワイトベース?まずは1/100を仕上げなくては。

 Gレコについて。いいですね。いい意味で説教くさいところとか、富野ガンダムなんだなあと思います。

PageTop

コモンサーガ 三章2

 アムベースにて小説コモンサーガの三章2をアップしました。今回は鋼の剣側のお話です。まだスズが謙虚にがんばっている感じですね。クリンとのやりとりとか関係性も書いてみました。セシリアの町を書き込んだのは、もちろん今後重要になってくるからです。場所もですが人物もです。
 次はやっと戦いがはじまります。おそらく。

 下書きは8章が書き終わったところです。ちょっと暗い話だったので書くほうも鬱々とした気分で書いていました。9章からはまた楽しく書けたらいいなと思っています。
 今後ともよろしくです。

PageTop

鬼は外

 節分です。うちでも豆まきをやることになっていたので昼間、鬼のお面を作りました。おととし作ったときは、いっちゃんが恐がるどころか笑っていたので、今回はちょっと恐い鬼にしようと、がんばってみました。もちろんあむが鬼役です。



 自分なりに恐い顔だとおもうのですが、いっちゃん、そうくんの反応はそうでもなく、むしろ豆まきができる楽しさから、今年も笑っていました。完敗です。

 写真の隅に写っているのが、情景模型シリーズのランバ・ラル特攻です。青鬼と緑鬼を豆まき戦車が攻撃している? ドライブラシの塗装で砂漠を表現したのですが、むずかしいですねえ。いつもと違うものを作るのが楽しかったです。

PageTop

メカニックガンダム



 約1週間で完成しました。メガンです。残る半分の装甲ややけに豊富なライフル以外の武器は省略してます。それとムギ豆点灯も省略しました。これを見て、なぜかいっちゃんが大うけしていました。「半分しかないー」
 作っていて楽しかったです。メカ部分はシルバーのドライブラシですが、去年のリックディアスでやっていたのでそれなりにすんなりと、というかドライブラシは適当にやってもそれなりに見えるので好きになりつつあります。
 次は、また面倒そうな、情景模型シリーズから、ランバ・ラル特攻を作ります。グフの成型色が薄いパープルなのに驚き。

PageTop