アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

ガンプラときどき違うもの

 すっかり涼しくなってきた今日このごろ。更新をさぼっていたのは、ポケモンのWiFi大会向けのものを育てていたり、なぜか3DSのマリオカート7をやりはじめていたり、なぜかプレステのFF7(インターナショナル)をやりはじめていたりして、なにかひとつことに集中できない週間でした。でも少しずつでもガンプラは作ってますよー。

 まず完成したのですが、旧キットのMk-2です。去年の武者ガンダムで同じキットを使ったのですが、部分塗装をしっかりやろうとすると難度高いですね。胸の色がもうちょっと青っぽかったほうがよかったかもと思います。写真撮影のときいっちゃんに見付かったのでいっしょにぱちり。



 次になにを作ろうかーと思っていたら、ガンプラではないですが、お店で見かけてすっごく懐かしくなって買ってしまいました(そのお店ではなくヨドバシでだけど)。20から25年ぶりくらいでしょうか。こいつです。

P1000149.jpg

 ミニ四駆・ダッシュ1号エンペラー。これ、小学校のころすっごく好きでした。妹と近くの開通前の新しい道路で走らせたり。グレードアップアパーツで改造したり。というような思い出にひたりながら作りました。
 前は30分もあれば作れたような記憶があるけど、今回、作るのに1日。塗装と乾燥に1日かかりました。子供のころはきちんと塗装なんてしなかったですがね。それにこんなに丁寧にも作っていなかったかなあ。忘れた。それに今のミニ四駆はとても進化していてシャーシも昔は1パーツだったのに3分割構造だったり、モーターが前後にシャフトがついていたり、ちょっと複雑になっていて手間取ったというのもあります。完成してから見ると後ろの構造物が余分というかかっこ悪いというか(レースには有効なのかもしれないけど)。

 完成した次の日に子供といっしょに家の中で走らせてみました。その速さにいっちゃんもそうくんもびびっていましたよ。近いうちにどこかのホビーショップのコースで走らせてみたいものです。

 ミニ四駆で息抜きができたのでガンプラに戻ります。次はまたまた旧キットのバウです。接着剤を使うガンプラの終盤の機体で、分離合体変形もできるので難度が高いというか部分塗装をきちんとしながら組み立てるのがめんどくさい筆頭の旧キットですね。かっこよくて好きなモビルスーツなのでがんばってしまうのですが。現在このあたりまでできていて、あと1から2日で完成予定です。

P1000150.jpg

 それから衝動的にHGのGセルフを買ってしまいました。新作Gのレコンギスタの主役機?です。早々に作って初回放送を楽しみに待ちたいものです。
 それにしてもGセルフって。おもいきった名前です。確信犯なんでしょうね監督は。

スポンサーサイト



PageTop

リック・ディアスほぼ完成

 1/100って大きくて作り応えがありますよね。できたときも1/144とは違う迫力があります。コンテストなんかにはこっちのほうがむいているのですかね。というわけで、リック・ディアス製作は続きます。
 合わせ目消しをやって部分塗装をして、組み立てはほぼ終わりました。これ。



 で、ここからいつもと違うことをしようと企んでいたのですが、さて、なにをしたでしょうか。

P1000147.jpg


 答えはウエザリングです。といってもめんどうなことにはしたくないのでシルバーでハゲチョロを施しただけです。いつもしないことをやると、おもしろくてついやりすぎてしまいますね。
 シャアの乗機がこんなに汚れるか?ということになってしまいましたが、写真で見るとそんなでもないですね。実物はかなりきたない仕上がりなのですが。
 参考にしたのはあのハウトゥビルドガンダム(復刻版)。ハゲチョロなんて小学生のときにやったかやらないか定かではない記憶しかないですからね。
 あとはトップコートを吹けば終わりです。これで思い出にひと区切りつけることができました。

追記。次の日の朝、トップコートを吹いて完成しました。そのうちガンプラ図鑑に載せます。

PageTop

ガンマガンダム

 大尉の色は人気ですからね、でしたっけ。旧キット1/100リック・ディアス進めています。今回の製作コンセプトは、簡単に、でもひと工夫です。
 というわけで、合わせ目消しをしながら作っていきます。全塗装はしたくないけど合わせ目消しはしたい。ので成型色を活かすために、合わせ目消し後のヤスリがけも600、800、1000、1200までかけます。それでもごくわずかにざらつきは残りましたが。
 次に、1/100で大きいスケールなのに昔のキットは余分なモールドがなくてどうにものっぺりした感じがします。なので胴体辺りだけでもスジボリをすることにしました。ソードガンダムを作ったときに、こりゃもっと練習が必要だなと痛感していたこともあります。箱絵を参考にします(今さら気付いたのですがこのころの箱絵ってすごくかっこいいです)。で、がんばってやってみました。BMCタガネの0・2ミリでほりほり。



 うーむ。難しいですねえ。コツがよくわからなくて、線が曲がったり、はみ出たりします。もっと練習が必要ですね。でも、たまに違うことをするとおもしろかったです。
 この後は、足の接着が終わったらヤスリがけして全身を組んで工作は終了です。その後汚しというかなにかやってみたいと思っています。

追記。オーバースケールのシャアのフィギュアが付いているのですが、、、見なかったことにします。

PageTop

ガンプラ合宿でグフR35

 ゆうまんちでガンプラ合宿をしました。毎度のことながら合宿といっても午後いっぱいで終わりのものです。マリオカートやらスマブラ体験版やらゲーム大会でもあったのですが。

 さて、あむはずっと迷っていたラルさんグフ(グフR35)をとうとう買ってきました。ゆうまんは前にあむがあげたボール(2機セットのうちの1機)、れいちゃんも前にあむがあげたジバニャンを作ってくれました。小学3年生でも簡単に作れるジバニャンです。みんなそろってぱちり。グフは未完成ですが。



 うちに帰ってから完成させました。前から考えていたジャイアント・バズを持たせました。グフでMSVの手持ち火器といえばジャイバズですよね。かっこいいでしょ。全備重量が重くなったから、ガンプラオリジナル設定の追加スラスターユニット?も必然性ができるのではないでしょうか。

P1000144.jpg

 追記。ラルさんが35歳であむより年下なのがどうしても信じられなかったけど、今度のトライでは7年後(ファーストからゼータと同じ!)だから42歳になるのですよね。これであむより年上だし、歳相応(?)になってくれてよかったよかった。

PageTop

旧1/100 リック・ディアス

 まだまだ旧キット再製作シリーズは続きます。今回は思い出深いキットです。これは、おばあちゃんにもらったもので、あるエピソードとともに思い出に残っているというか、そのエピソード自体の印象が強く、キットあるいは作ったことについてはほとんど覚えていないという(ろきに聞くまでリック・ディアスかハイザックかわからなかったし)あむにとってはちょっと特殊な思い出のキットです。

 Zの1/100は当時は高価で小学生のあむが簡単には手に入れることができないものでした。せっかくなので今回は、きちんと作りたいと思います。といっても全塗装は大変なので、簡単なわりに効果の出そうな製作をしてみたいと思います。

 まずは各部の接着です。1/144よりもパーツごとに作っていけるのでなるべく合わせ目消しをしながら作ります。
 現状です。せんたくばさみー。


PageTop

旧キット キュベレイ&ザクⅢ



 旧キット再製作が小気味良く進捗しています。今回はどちらも初期のHGUC化しているもので、ネオ・ジオンということも共通です。
 キュベレイは1/220で小さいです。メッサーラと同じですね。
 ザクⅢは完成すると結構かっこいいと思います。HGUCのようにかちっとしていない分ワイルドというか。
 金曜ロードショウのエヴァを見ながら作りました。式波って?

PageTop

コモンサーガ 二章2

 アムベースにて小説コモンサーガの二章2をアップしました。
 戦闘シーンがないのでのんびりした感じですが、長いお話にはこういう回も必要ですよね。スズにとってはこれからこんなにゆっくりしている時間はなくなることだし。


 さて、下書きのほうは7章後半まで進んでいます。時代でいうとZZの初期なのですが、このころのネオ・ジオンの動きってよくわからないんですよね。コモンから見ると他所事なのでいいのですが、今度しっかり調べないといけないかもしれないです。

PageTop