アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

ソーガン現状

 休みの日には庭作りです。芝生を張るために庭を耕したりしていました。おかげで足腰が筋肉痛です。疲れた体に鞭打って、今日もガンプラ部です。

 旧キットや新作を作りつつ、ソーガンも進めています。第一回の表面処理(600番でヤスリがけ。この後800番までしてからサフ吹きします)が終わったので、工作途中の部分もあるけど、現状確認のために組み立てました。
 正面と後ろです。



DSC01029.jpg

 改造箇所です。

頭部・・・ブレードアンテナを大型化。オプションバルカンの接続穴は塞ぎます。マスク部はあとハメ加工です。

胸部・・・ビルドMkⅡのとんがり感が好きなのですが、とんがり度を上げるために先端で1ミリ延長しました。

腰部・・・MkⅡ時代からのフロントアーマーのでっぱりはなくしました。サイドアーマーにはビームサーベルラッチを増設。リアアーマー内側はプラ板を張ってディティールを追加してます。

腕部・・・肩はあとハメ加工。ひじ関節内側にはRG風のディティール追加(主武装がソードなので腕関節を強化してある、という設定です)。ハンドパーツは精度のいい新しい方のHGUCのあまりのものと交換しました(陸ガンかヘイズルあたり?)。

脚部・・・足甲のグレーのフレーム?がMkⅡ時代から好きではないので隠します。そのためにアンクルアーマーには武者ガンダム風のアーマーを追加しました。百式かなにかの手甲のパーツです。つまさきの凹みをなくしてプラ板で凸ディティールに変更しました。

背部・・・バックパックにAGE-2のウイングを肩パーツ(を加工したもの)ごと移植。それに合わせてサーベルラックの接続角度を調整、接着固定しました。

カレトブルッフ・・・鍔(つば)の部分をスーパーガンダムのロングライフル風の装甲(?)に変更しました。

シールド・・・ビルドMkⅡのライフルを二丁、フルアーマーガンダムやパーフェクトガンダムの雰囲気で合体させました。ダブル・ビーム・キャノン・シールドと呼んでいます。

以上です。カラーリングも結構変える予定です。そうすると印象もだいぶかわるかと思います。ご意見ご感想お待ちしております。

スポンサーサイト



PageTop

ZZとジムコマ完成

P1000078.jpg

 0083のDVDを観ながら旧キットのZZガンダムとジムコマンドが完成しました。
 ZZは塗装しながら組み立てだったので時間がかかりました。
 ジムコマンドは108円で作りかけのものを買ってきたのと、合わせ目消しまで丁寧にやったのとで記憶に残るものとなりました。
 こうして並べるとZZって大きいことはわかっていたけど背も高いのですね。ジムコマが子供に見えます。

 次はUC7巻が発売されるまでにバンシィノルンとフルアーマーユニコーンを作りたいのでバンシィノルンから作ります。



 育児話。昨日は家族で埼玉の動物園に行きました。行き帰りの車中BGMはずっとアンパンマン。おかげで歌を覚えてしまいました。
P1000077.jpg
 帰りがけ、きりんの前で寝るふたり。しかし、子供は大人が考える以上に元気ですよね。一日遊んでいるとへとへとになり、寝かしつけでいっしょに寝てしまったのですが、根性発動でなんとか起きて夜中にガンプラ部をするのでした。

PageTop

大地に立つ



 良い天気が続いていいですね。しばらくそうくんの調子が悪くて家族全員ででかけるということが久びさだったけど、先日、ようやくみんなで公園にでかけました。
 藤がよく咲く丘の公園で、レジャーシートを敷いてまったり。花の近くでは大きなハチがぶんぶん飛んでいてぞっとしたけど、のどかな時間を過ごしました。
 そうそう。そうくんがつかまり立ちをはじめました。歩けるようになるまであと少しで楽しみですが、動きまわれるようになると心配も増えるのですよね。


 ガンプラ部は旧キットZZを進めました。本体の組み立てと、バックパックの筆塗り塗装が終わり、あとはそれを合体させれば完成です。ソーガンの表面処理をしながら進めています。

PageTop

旧キット ZZ

 なぜかガンダムOOのDVD(スペシャルエディション1から3+劇場版)を流しながらガンプラ作ってます。OOは格闘シーンがいいですね。かっこいい。かっこいいんだけど、トランザムしているときに相手が止まっているのが不思議ですが。止まっているように見える、ということなのかな。MSVのひとつであるダブルオーガンダム・セブンソードGというのが気になってます。



 さて、ソーガンが止まったままですが、再製作を進めなければならないのでZZを作ります。胴体や足の接着をしながら部分塗装です。
 写真奥には下からフルアーマーユニコーン、MGマークⅡ、バンシィノルンが。フルアーマーユニコーンの箱はMG並に巨大です。積みプラが減らん。

PageTop

製作途中

 ソーガンを作っていると、接着の乾燥とかで、どうしても時間を空けなくてはならず、その間他のものを作るので、製作途中のものが増えてきています。

 まずはソーガン。いまは各パーツの表面処理をしています。しながら、ここはさらに工作が必要だなというのが出てくるので、その都度プラ板を張ったりして改修しています。この後スジボリをしてからサフ吹き、塗装になります。オラザクかガンプラワールドカップかなにかしらに応募したいけど間に合うかどうか微妙です。ゆっくりじっくり作りたいですが。

 旧キットのZZ。あとハメ加工をするのが大変なので接着して塗装、接着して塗装を繰り返していて時間がかかります。

 旧キットのジムコマンド。先日紹介したもので、いまは合わせ目消しの接着乾燥待ちです。

 というふうになにかと乾燥待ちというのが発生して、自分が今日なにを作るのかよくわからなくなることがあります。そんな中、ネットで注文していたものが届きました。

 HGUCのフルアーマーユニコーンとバンシィノルンです。最終決戦仕様対決セットですね。(HGUCネオ・ジオング?無理無理)DVD7巻が発売される前に作りたいけど、どうなることやら。

PageTop

作りかけはおいしい

 ポケモンのインターネット大会があって、それにあわせて出すポケモンの厳選(プテラ育ててみました)したり、対戦をしたりで時間が足りないのですが、ガンプラもがんばってやってます。



 先日いっちゃんに手伝って仮組みした旧1/144ガンダムヘビーアームズを仕上げました。ガンダムマーカーでも、説明書通りにきちんと部分塗装と墨入れをしてやれば見られるくらいになります。写真はそうくんのカブトの前ですが、カブト写ってないですね。そのうち写します。

 ところで、あむはガンプラ図鑑を埋めるために、昔作った旧キットを再製作するというのをやっていて、旧キットを買い集めているのですが、0080シリーズとかずっと再販のないアイテムについてはネットで探すのも限界があり、あとは地道に足で中古屋めぐりをして少しずつ集めるしかなくなっています。そんな折、こないだトイプラネットに行ったらジムコマンド・コロニー戦用を発見しました。箱には「作りかけ」のシールが。
 知らない人が作りかけたものなんか、と今までなら思ったのですが、よくよく考えたらプラモがかわいそうですよね。昔一度作ったものだし、途中からでも、仕上げをあむらしくできたらいいのかなと思い、今回チャレンジしてみることにしました。

P1000070.jpg

 これがその「作りかけ」の状態で、上体が接着されている以外はパーツを切り離してあるくらいです。作る楽しみはほとんど減ってないです。再製作シリーズは簡単仕上げを基本にしているのですが、これはもう少しきちんと作りたく思い、合わせ目消しからすることにしました。「あむの」ガンプラにしたいですからね。
 これで108円は安い。いい買い物をしました。

PageTop

伝説のガンプラ本



 あむの宝物シリーズ、今回はガンプラ本の蔵書です。HOW TO BULID GUNDAMは初期のガンプラブーム(1980年ころ?)のときにものすごく売れた(らしい)ホビージャパンのムック本で、あむが学生時代はじめてホビジャなどに触れたころ(1995年ころ?)に知ったときにはもう当たり前に絶版で入手不能でした。しかし、数年前に1、2のセットが復刻していて、本としては高いけど、ゲットしました。
 内容は旧キット(当時ではギャンが最新キットだったりしたようです)の改造とかジオラマとか。きっと今とはマテリアルもテクニックも違うのだろうけど、まだまだ参考になるだろし、そのころの空気感みたいなものを取り込みたいと思えます。
 読んでいて――作例を眺めていて気付いたのは、これ、子供のころに見たことある、ということでした。誰かのうちで見せてもらっていたんでしょうね。あまりにかっこよくて記憶の隅に残っていたりします。プラモ狂四郎にも出てきたストリームベースの作例もおなかいっぱいになるまで見られます。
 一年に一度は読むものとして、ずっと本棚にいつづけるであろうあむの宝物です。

PageTop

最後はシビビール!?

 ひさびさにポケモン話です。最近はソードガンダムに忙しくて減っていましたが、ポケモンもちびちびやっていました。引越し前後から進めていたのが全国図鑑埋めです。
 ただ図鑑完成を目指すのではなく、ポケモンバンク上に718匹全部を預けるというのをしたくてがんばっていました。ダイヤモンド・パールやハートゴールド、ブラック、ブラック2などから今までの伝説ポケモンのダブリ組を持ってきたり、たまごを孵すのがめんどくさいピンプクやらをGTSで交換してもらったり。
 そしてとうとう717匹まで集めることができました。最後の一匹はなんとシビビールでした。地味ですよねえ。シビルドンをブラック2から持ってきて、シビシラスを生んで、そこから進化ですね。
 そういうのをしながらたまに対戦用のポケモンを育てたり。最近はステルスロックの使えるプテラとかハガネールなんか育ててます。いまさらながら有効性に気付いたのでした。世界大会(の予選)が近いです。いいポケモンを育てねば。

ガンプラ話。
 昨日はソーガンをお休みして、なぜか旧キットのZZガンダムを作り始めました。スナップフィットじゃない最後の方のキットなのでめんどくささがとてつもないですが、逆にそれが楽しいのですよね。

PageTop

ソーガン パテ埋め

 10連勤しているあいだに満開はすぎてしまったけど、休みの日にいっちゃんといっしょに公園で花見。ミニ動物園でうさぎやらに草をあげたり。あたたかくなってきて子供と遊ぶのはいいですねえ。




 さて、ガンプラ部。体調不良で2日くらいさぼったらガンプラ禁断症状になるというのはいい傾向なのだろうか。とにかく手を動かしたい今日このごろ。ソーガンを進めています。

P1000065.jpg

 改造などの工作が大体すんだので、合わせ目消しとか表面処理に入ります。合わせ目消しのためにはみでた接着剤の部分をゴリゴリと棒ヤスリで削りました。思わず力んで深いキズを作ってしまったところがあるので、そこをプラパテで埋めます。
 パテを使うのは何十年ぶりだろうか。ラッカー系うすめ液で薄めるらしいですが、女子プラの本を参考に、接着剤で薄めてみました。最初はいい感じで塗れていたけど、時間が経つと塗料皿に盛ったパテが固まりはじめてしまって薄めても薄めても塗りにくい感じでした。なにかコツがあるのだろうか。とりあえず、ヤスリのキズや穴埋めあとのスキマなどを埋めてみました。2、3日放置します。
 ゴールはまだ見えませんがソーガンは多分ちゃくちゃくと進んでいます。いるはずです。

追記
 5月にそうくんの初節句ということで義理の父母からそうくんに兜を頂きました。とてもいいものであむ家の家宝になりそうです。去年の3月くらいに武者ガンダムを作ったのが懐かしいです。いっしょに飾りたいけど、どうでしょうねえ。

PageTop

ソーガン工作3


 ソーガンです。1日1時間はいじっているのに、そんなに進んでいないのは、改造するにあたって部品を眺めながら考えている時間が多いからなのです。
 今回は、写真にはないですが、ウイングをAGE-2のものそのままでは気が引けたので少しだけプラ板で形を変えました。
 また、ウイング基部はバックパックとは違う色にする予定なので、はじめは接着しようと思っていたのですが、あとハメにできるように真鍮線を仕込みました。ピンバイスで穴を開けると真鍮線を通すときに少しゆるいので瞬間接着剤で太さ調整します。
 同じようにカレトにつけるロングラフル風の上下のガードもあとハメできるように真鍮線を仕込む予定です(明日あたり?)。
 それから、右腕のシールド用の穴は使わないのでフタのパーツを自作しました。

 脚部とか手首の付け根とか、一体だけど別パーツに見えるようにスジボリをしたいけど、デザインナイフでは限界を感じてきたので、生れて初めてタガネというものを買うことにしました。結構高いんですよね。なにげに衝動買いでフルアーマーユニコーン(デストロイモード)をポチ予約してしまったり、今年こそエアブラシと思って貯金したいのになかなか貯まらないのです。

 今度こそ大体の工作が終了なので、次からはめんどくさい表面処理ですね。タガネが来たらスジボリもします。わくわく。

PageTop

コモンサーガ一章4

 アムベースにて小説コモンサーガの一章4をアップしました。
 今回、ちょっと変なガンキャノン量産型が登場します。
 スズ戦記を書いたときに意識していたのが、主要なモビルスーツをすべて登場させるということでした。スズ戦記は一年戦争ものなので、ファーストガンダムのモビルスーツ、モビルアーマーはなんらかの形で(ときには噂話にして)すべて登場させました。あとMSVやアッグなどの特務用の4機もです。
 コモンサーガもこれを継承して、その時代時代のモビルスーツをすべて登場させたいと思っています。今現在六章(グリプス時代)まで書いていて、結構厳しいというか苦しいですが(例えばジ・オとかキュベレイなんてどうしたらいいでしょうねえ)。
 なので一章二章あたりでは0080のモビルスーツが多々登場する予定です。
 さて、イストがUDOの調練をさせられていた、ということになりましたが、これ、自分でもいい設定だったなと、後になって思っています。というのは、これから起こる大きなことの伏線にできたからですが、詳しいことはまだヒミツです。

PageTop

ソーガン工作2

 ビルドファイターズのラスト2回のビデオを垂れ流しながらガンプラ作りをしています。2回目見ても面白いですね。特にラルさんの活躍するシーンは興奮します。あのグフが発売されるようで、ちょっと欲しいです。それにしてもガンプラ作りが楽しくて、作業が進みます。



 ソーガンの改造工作を進めます。まずはシールド。ダブルビームガンを最終的に接着するのですが、あとハメのためと強度確保のために真鍮線を仕込みました。
 腰サイドアーマーの追加サーベルラックが貧弱に見えたのでププラ板でフタをしました。
 靴の裏とサーベルは肉抜き穴を埋めました。普段は絶対しないし、今回もずっと迷っていたけど、コンテスト用に作っているので全力を出し切ろうと思い、やりました。プラ板を埋めて接着したので乾いたら整形します。
 腰リアアーマーはプラ板で塞いで、内側には段段ディティールを施しました。これ、百均の結束バンドなんです。あとスジ彫りを少し。
 腕の関節が寂しかったので、今月のホビージャパンの作例(MGビルドMk-Ⅱ)を参考に、自分流にアレンジしてRG風のディティールをプラ板で追加しました。メタリック系の色に塗って金属表現にするつもりです。
 工作はもう少しやる予定です。

PageTop