アムログ

管理人あむの雑記等。ガンプラ製作とポケモン話が中心。

ソーガン工作1

 接着が乾いてきたので、合わせ目消しと表面処理をやりながら、改造とディティールの追加などをしていきます。



 まず頭。ブレードアンテナの裏側にアストレイ強化用アンテナのブレードを追加で貼り付けて大型化しました。なんとなく「ソード」ガンダムっぽいでしょ。
 ウイングの接続はAGE-2の肩パーツを使っていますが、そのままだとなんなので三ミリほど幅詰めして、Mk-Ⅱバックパックのサーベルラックに合わせました。そのサーベルラックはバックパックからの可動を諦めて接着固定する予定ですので先に表面処理をしました。
 脚部のつま先にMk-Ⅱではふたつの凹があって、昔からデザインがあむ好みではなかったのでなくします。埋めるよりもプラ板で塞いだほうがディティールっぽくなると思ってそうしました。接着が乾いたら整形します。
 脚部ムーバブルフレームもあとハメが難しいので装甲パーツに接着する予定です、なので先に表面処理をしました。
 腰リアアーマーの裏側が寂しいのでプラ板で塞ぎます。スジボリとなんらかのディティール追加を考えています。
 腰サイドアーマーにはビームサーベルを取り付けられるようにビルドMk-Ⅱのパーツを接着しました。バックパックに装備できなくなったからこちらに移動です。カレトが使えなくなったときのための予備の剣ということで。
 今日は以上です。

スポンサーサイト



PageTop

ウイングガンダムゼロ再製作

 ソーガンの乾燥待ちの間、こないだいっちゃんと作った旧1/144ウイングガンダムゼロを仕上げました。写真は、これからアムベースのガンプラ図鑑に上げるものと同一です。

xxxg00w0_144.jpg

 いっちゃんと組み立てた後、簡単にゲート処理をして、ガンダムマーカーで部分塗装と墨入れをしました。
 どうでしょう。結構昔のキットだけど、丁寧に作ればそれなりに仕上がります。時間があれば発売されたHGACのウイングゼロと比べてみたいですが。他にも作るものがまだ山ほどあるからどうなることやら。

PageTop

ソーガンあとハメ加工

 今日は昼間ろきが来てガンダム話ができました。やっぱりリアルで語れる相手がいるというのはいいものです。エクシアダークマターがいい感じというのが共通認識で、あむもやっぱりプラモ欲しくなりました。

P1000060.jpg

 ソーガンは各パーツの接着を進めています。その中であとハメが必要なところが出てきたのであとハメ加工をしました。
 頭部です。ヘルメット内のダボ穴の下部分を切りかいたり、マスクが入っていく隙間をつくるために内側を削ったりしました。マスクのほうはダボピンを短くしました。これでマスクを下から差し込むようにできました。
 アンクルアーマーは、足首のダボ受けの一部を切りかいてあとハメできるようになりました。
 肩はあとハメにするにはちょっと工作がめんどうそうだったので、接着面をヤスリで削って、合わせ目がパネルラインに見えるようにしました。逃げ、ではなくパネルライン表現ですって!
 これでおおよその接着が終わったので、何日か放置して乾かしてから、合わせ目消しと表面処理に入ります。

PageTop

ソーガン接着その1

P1000056.jpg

 ソードガンダム(以降ソーガンと略します)の合わせ目消しのための接着です。
 今までクランプを使ったことはなかったのですが(その昔輪ゴムを使ったこともあったかな?)、ガンプラ本を読んでから使いたくなったので今回は使います。洗濯バサミです。滑りそうなものには先端にビニールテープを巻きました。
 接着は念入りに両方のパーツに三度接着剤をつけています。むぎゅっとはみ出すのがポイントですね。
 脚部はMk-Ⅱ時代からそうだったのですが、デザインの都合上、ムーバブルフレームがむき出しの場所が、あとハメ加工もしにくいので、そのまま接着しようと思います。塗装のときにマスキングしながらになりそうです。

追記
 付録につられてホビージャパンを買いました。たまに読むといい刺激になります。今回はビルドファイターズ関係の作例が多くてうれしかったです。エクシアダークマターかっこいいですね。

PageTop

ソードガンダム仮組み3

P1000055.jpg

 ちょっと牛歩ですが、少しずつ進めています、ソードガンダム。前回までで大まかな形ができたので、今回は細かいパーツの補完です。
 カレトは柄近くの四つの円柱のようなものは、いかにもアストレイという感じがしたので外して、AGE-2のパーツをつけることにしました。イメージはスーパーガンダムのロングライフルです。あとはアンクルアーマーのシルエット変更のためのパーツやら、腰サイドアーマーにサーベルを格納するためのパーツを用意しました。
 これでだいたいパーツがそろったので(プラ板でディティール追加などしますが)、次こそ工作に入ります。

PageTop

いっちゃんのガンプラ作り

 昨日は休みの日だったけど、いっちゃんもそうくんも万全の体調ではなく、風も強く寒い日だったので、家でぬくぬくです。ゆきちゃんが買い物に行っている間、昼寝から目覚めたいっちゃんとなにして遊ぼうかと考えたのですが、ガンプラ作りをすることにしました。
 あまりランナーの多いのも、接着剤を使うのも無理そうなので、積みプラから適当なのを見つけました。旧キット1/144ウイングガンダムゼロです。ニッパーのみ使ってランナーから直接切り出してのパチ組みで、30分もあればできました。
 といっても作るのは主にあむで、いっちゃんにはランナーを見つけてもらって渡してもらうとかだけだったですが。でも少しだけニッパーでパーツの切り出しもしました。

P1000051.jpg

 いっちゃんも、「なんだかわからんけど、楽しそうに作っているのをお手伝いしている」みたいな感じで、最後までつきあってくれました。
 もう少し大きくなったら色塗りとか、自分で作るとか、できたらいいなあと思いました。ウイングゼロはそのうちゲート処理や部分塗装をして仕上げたいと思います。

PageTop

ソードガンダム仮組み2

 ソードガンダムの続きです。ガンプラ作り、楽しくてしょうがありません。
今日はカレトヴルッフとAGE-2ウイングの追加、さらにシールドを追加しました。現状です。

P1000050.jpg

後ろです。四枚羽は、接続部分に悩みましたが、AGE-2の肩パーツを使ってなんとかなりそうです。

P1000049.jpg


 シールドはMk-Ⅱのシールドにダブルビームキャノンを追加するという、フルアーマーガンダムやパーフェクトガンダムを意識した攻防システムとしました。主武装が剣=近接武器なので中長距離射撃武装が欲しかったので、なんか重そうですが、あえての厨二的なデザインを目指しているのでこれでいきます。シールドとカレトヴルッフ(長いので以後は省略形にします。カレト?)は、このままだといかにもとってつけただけのミキシングになってしまいそうなのでガンダムMk-Ⅱに合うようにアレンジしたいと思っています。
 ハンドパーツはHGUCでもMk-Ⅱのころはうーんな出来だったので、ジャンクパーツからそれらしいのを見つけましたが、市販のパーツに変更するかもしれません。未定です。あとはところどころでMk-Ⅱ時代から少し気に入らなかったディティールの変更をしていく予定です。
 これで仮組みは終了です。次回から合わせ目消しと表面処理を同時進行でいきます。

PageTop

ソードガンダム仮組み1

 ソードガンダムの製作です。今日はビルドガンダムMk-Ⅱの仮組みまでしました。まだ構想中のシールドは仮のもの。追加ブースターは今回使わない予定です。
P1000048.jpg


 いつもは仮組みなしで素組みしているあむです。だから新鮮だったというか、おもしろかったです。本組みのときに分解するので、ダボピンを斜めに切りました。パーツごとに、ここはどんなふうにしようとか、あとハメにするにはどうしたらいいのか、とか考えながらの組み立てはわくわくします。
 明日はAGE-2からの追加パーツとカレトヴルッフの仮組みです。

PageTop

ソードガンダム(仮)製作開始

 ベアッガイ1ka以来、旧キットなどの再製作が続いていましたが、そろそろ新作をやりたいと思います。ベアッガイがいっちゃんをイメージしたガンプラだったので、次はそうくんをイメージしたものを作ります。で、名前が仮称なのですが、そうくんガンダムもといソードガンダムです。

 まずは構想。あむの中でかっこいいガンダム上位にいるMk-Ⅱをベースにします。宇宙世紀(グリプス時代)にいかにもいそうな、と今までなら考えていたのですが、ビルドファイターズを観ていて、そういう縛りをしなくてもいいかなと思うようになりました。なので、なんでもありのMk-Ⅱにします。ベースキットはせっかくなのでビルドMk-Ⅱにします。それとそうくん(ソード)なので、いつか作ろうと思っていて全然手をつけていなかった(ホビージャパン付録の)カレトブルッフ(だったかな?ガンダムアストレイ用のソード型武器)を使います。あと、あえて厨二的(言葉の意味がよくわかっていないですが)にするということで、ガンダムAGE-2のウイングをミキシングしてみたいと思います。息子のMSなだけにAGE-2というわけではありません。
 とりあえずヨドバシでキットを購入。
P1000047.jpg


 製作コンセプトは、今できる工作をすべて盛り込むということ。MAX渡辺と大越さんのガンプラ本を読んでいて、基本から立ち返り、モデラーらしい工作をしたいと強く思ったので、この本を追いながら作っていきたいと思います。エアブラシについては、現在購入を検討しているところで、お小遣いを貯めるのが間に合いそうもないので、今回はスプレー缶塗装になるかと思います。(エアブラシ購入計画については別の機会で記事にしようかと考えています)。
 目標はなにかコンテストに出せるくらいのものを作りたいです。ガンプラワールドカップかオラザクかでしょうか。

PageTop

ガンプラ近況

 引越し後の片付けもなんとかひと段落してきました。これでガンプラをおもいっきり作れる、ということはなく、子育てとか日常のことに忙しいとかありまして、なかなかおもうようにはならんです。
 とはいえ、ガンプラ作ってます。HGメカニクス・デンドロの後、旧キットの1/144ゴッグ、シャア専用ズゴック、1/220ゼータなんかを作りました。ゴッグは引越し前におおよその塗装(水性ホビーカラー)を終えていて、シャアズゴとゼータはガンダムマーカーで部分塗装しました。ゴッグとシャアズゴは組み立てに接着剤が必要で、新しい家ではじめてシンナー系の接着剤を使ったのでした。新しい家は、24時間換気システムというなんだかすごいシステムが備わっていて、おかげで接着剤もどうやら使えそうです(もっぱら家族が寝静まった夜中になりますが)。そんな感じでガンプラ部はぼちぼちです。昨日から旧キットGディフェンサーを作り始めました。それが終わったら、ビルドガンダムMk-Ⅱをベースにした、ちょっと本格的なものを作りたいと思っています。

 ガンダムビルドファイターズは話の展開が早いなあと思っていたら、もうすぐ最終回らしいですね。一年くらいやるのかと思っていて、おもしろいから、とても残念です。今週になってやっと気付いたのですが、ユウキ・タツヤの機体はザク・アメイジングとかケンプファー・アメイジングとか、なんでアメイジングなのだろうと思っていたら、ア「メイジン」グ、だったんですね。F91イマジン=F91イ「メイジン」?

PageTop

コモンサーガ一章3

 アムベースにて小説コモンサーガの一章3を掲載しました。気付いたらまた1ヶ月も経ってしまいました。ペースを上げたいところですが。
 さて。一章を書くにあたって話の筋を決めたときに、スズはコモンサーガでは強力なパイロットだけど、一度負けて挫折のようなものを味わってから返り咲くということにしました。今回はそれほど挫折って感じにはならなかったですが。(今回は、ということは次があるということです。そのときは大きな挫折になると予言します)
 リッジとチナッチとの間柄も定まってきたと思います。三人とも今後のコモンで重要な役どころになりますからね。

追記。下書きは六章2まで進捗しています。グリプス時代です。

PageTop

ビックリマン伝説

 今日はあむの宝物を紹介します。
 ビックリマン伝説のシールです。ビックリマン伝説は、30年前にはやったビックリマンの復刻版(リメイクは何度かあったけどここまでまとまったシリーズとして復活したのははじめてらしい)。1弾から7弾まで発売されています。旧シリーズの1弾から9弾(ヘッドロココの弾)にあたります。
denset.jpg

 なつかしいですよね。あむも小学生のころ集めていました。休みの日にヨーカドーに行って、並んで、ひとり3個までとか。なつかしくて、2年半くらい前に伝説1が発売されたときに集めだしました。今は子供のころとは違うので大人買いとネットでの中古通販を活用してコンプリートができます。昔と違ってヘッドがすごく出にくいというわけでもないので、7弾まですべて集めました。チョコを食べまくりました。昔はピーナッツが入っていたのに、今は入っていません。それでもおいしいですけどね。
 本当はそれ以後の弾も全部集めたいのですが、思い出深いのがこのヘッドロココがピークで(ヤマト爆神もほしいけど)、限られたお小遣いで他に欲しいものができたので、この弾までで終わりにしようと思いました。なので、この伝説7弾までコンプセットが宝物です。

PageTop

HGMデンドロビウム完成

P1000042.jpg

 HGメカニクス1/550のデンドロビウムと同スケールのガーベラ・テトラが完成しました。ステイメンとガーベラの色塗りは細かくて大変でした。細かいから多少のごまかしが効くというのにも助けられましたが。いいですね、HGメカニクス。デンドロは再製作だったのだけど、当時作っていなかったノイエ・ジールとヴァル・ヴァロも作りたくなりました。
 新居に引っ越してきて第一弾ということで家をしょったガンダムを作ったわけですが、スナップフィットで色塗りもガンダムマーカーのみなら何の問題もなく作ることができました。次は接着剤を使えるかどうか試したいです。つまりシンナーの臭いが家族の気になるようなら作れないので、いろいろと試さねばならないのです。

PageTop